排卵痛と生理痛の違い 排卵痛・生理痛の症状を緩和

排卵痛と生理痛の違い

排卵痛と生理痛は似たような時期に症状が
出ることがありますが、全く違うものです。

排卵という現象は、成熟し受精能力を備えた卵で、
卵胞が破裂して卵巣の表面を破ることで、
卵巣外に放出されることを言います。
排卵痛はこの卵巣の表面を破って卵が出てくる
特に発生する痛みであることです。

通常の生理痛はもともと冷え症で血流が悪いことや、
子宮・卵巣に問題があるような場合、もしくは
子宮の収縮が強い場合に起こります。
また、子宮の入り口部分がしっかり閉じていること場合も、
生理痛の原因なります。

排卵痛と生理痛の大きな違いは排卵痛は排卵時の1日にほぼ
限定されて、症状は個人差がありますが1日中痛みを伴う
方もいれば排卵の瞬間だけ差し込むような痛みをとこなう
こともあります。

生理痛の場合は、通常生理が始まる前に痛みのピークが
訪れ徐々に楽になっていく傾向があります。
posted by 排卵痛生理痛無し at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛と生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
結婚相談所で業界最大級の会員数 オーネット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。