排卵痛の主な症状 排卵痛・生理痛の症状を緩和

排卵痛の主な症状

排卵痛は個人差が大きく、感じない人は全く痛みを
感じませんが、排卵痛のひどい場合は、1日寝込むことも
少なくないほどです。

排卵痛の時期は人それぞれで、2週間前くらいに痛みが
出る人もいれば、排卵の前日や排卵の時期に痛みと
伴うひとなど様々です。

痛みの種類としては、生理痛とにた下腹部が張ったような
感じで鈍い痛みを生理痛よりも短期間感じる人が
多いようです。
ただ、排卵痛でもひどい場合は救急車で運ばれるほどの
痛みを伴うこともあります。

もともと排卵痛は、卵巣の表面に発痛物質である
プロスタグランディンが集まるため、個人差はありますが
排卵の時に軽い痛みを感じる場合があります。
これが一般的に言われる排卵痛です。
ただしこれは生理的なものでホルモンバランスが
いい証拠でもあります。

この排卵痛は出血性黄体のう胞という状態で、
検査を受けると卵巣がんと非常ににた様相を
呈しているため、誤って開腹手術を受けるケースも
存在するようです。
これらの場合も排卵期終了後に再度受診することで
症状が無くなり、卵巣がんと見分けがつきます。

あまりにひどい排卵痛を激症型排卵痛といわれ、
対処法も存在するため、無理に我慢する必要は
ありません。
タグ:排卵痛 症状
posted by 排卵痛生理痛無し at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛と生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
結婚相談所で業界最大級の会員数 オーネット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。