排卵痛の原因と症状 排卵痛・生理痛の症状を緩和

排卵痛の原因と症状

排卵痛は排卵の際に起こる痛みが原因です。

ヒトでは、排卵が起きる期間を排卵期といい、28日間の理想月経周期では14日目に起きる。しかしながら、in vivo(生体内)の様々な性質によって通常の排卵は8~20日目以降に起こりうる。特に短い周期を持つ女性は早く排卵し、長い周期を持つ女性は遅く排卵する。

ヒトにおいて、隠された排卵とは雌(女性)が目に見える繁殖できるというサインを出さないという事を意味している。何故こう進化したのかを分析できる単語に進化的ゲーム理論がある。

排卵の前に、卵胞は卵子が生きていく為に一連の変形を行なう。この過程が卵丘膨張である。これの後に卵胞へ裂け目ができ、これを通って卵子が卵胞を出る。卵子は卵管へ入って、子宮へ向かって行き、受精をすれば着床し、さもなくば24時間後に退化する。

排卵期の前には、未成熟の卵胞に包まれた卵子が成長を終える卵胞期があり、その後には子宮が受精卵を受ける準備をする卵胞期がある。この卵胞が成長して排卵へ至る全過程が卵胞形成といわれる。

出典 wikipedia

posted by 排卵痛生理痛無し at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39953315

この記事へのトラックバック
結婚相談所で業界最大級の会員数 オーネット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。