排卵の医学的意味 排卵痛・生理痛の症状を緩和

排卵の医学的意味

排卵の始まりは様々な医学上の徴候で検出できる。
それは肉眼では識別できないが、しかしヒトは
隠れた排卵を持つをいわれている。

排卵している女性は3日の間に次第に、平均0.2℃の体温の
上昇を経験する。体温の上昇は月経周期の終わりを
意味する月経の間持続する。さらに排卵時、不快感や
痛みを新たに下腹部に感じる―排卵時下腹部症と呼ばれる
―女性もおり、これは殆どが腹壁が裂けた卵胞から流れ出た
血液と卵胞液に過敏な所為である。最後に子宮頚部の
粘膜の構成が精子に適した様に変化する。その粘膜は透明で、
伸びやすく、粘着性で生卵の白身に似る。

これらの生理学的なサインを越えて、女性の男性の好みが
排卵の時に変わり、適した配偶者を見つけるためにより
原始的に駆り立てているという研究が示されている。
他の研究は女性が排卵中に僅かにその顔の魅力が上がったと
結論付けている。これらの研究の有意性と正確さは医学と
科学の専門家達の間で熱く議論が交わされている。

出典 wiki
タグ:排卵
posted by 排卵痛生理痛無し at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛は妊娠に役立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40468931

この記事へのトラックバック
結婚相談所で業界最大級の会員数 オーネット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。