排卵波 排卵を研究 排卵痛・生理痛の症状を緩和

排卵波 排卵を研究

Baerwaldらによる新たな研究によれば月経周期は卵胞の成長を
厳密に前述の様に調節していないらしい。特に28日周期を
持つ大部分の女性は2回から3回の卵胞成長の「波」を
経験するが最後の波だけが排卵になる。残りの波は排卵には
ならず、発達した排卵前卵胞が閉鎖するか
(多数の無排卵周期)、または排卵前卵胞が全く選ばれない
(少数の無排卵周期)かに特徴付けられる。

この現象はウシやウマで見られる卵胞波に似ている。
これらの動物では、同時期に成長を始めた初期胞状卵胞の
大集団の成長が卵胞期に一致する。これは内分泌系が
卵胞形成を厳密に調節しているのではない事を示す。

この解明への挑戦が近年我々の卵胞発達と月経周期の動態の
理解を変え、そしてなぜ理想周期を用いた自然家族計画と
産児制限の伝統的な方法がそう効果的でないかを説明
するだろう。

特に、この発見により、排卵していないと確信している
時でも性交によって妊娠が起こりうるのかは説明されそうで
ある。無論、他の説明に必ずしもそうでないのに14日目に
排卵が起こると勘違いしている事もある。

出典 wiki
posted by 排卵痛生理痛無し at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛と生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40526824

この記事へのトラックバック
結婚相談所で業界最大級の会員数 オーネット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。