排卵痛・生理痛の症状を緩和

排卵波 排卵を研究

Baerwaldらによる新たな研究によれば月経周期は卵胞の成長を
厳密に前述の様に調節していないらしい。特に28日周期を
持つ大部分の女性は2回から3回の卵胞成長の「波」を
経験するが最後の波だけが排卵になる。残りの波は排卵には
ならず、発達した排卵前卵胞が閉鎖するか
(多数の無排卵周期)、または排卵前卵胞が全く選ばれない
(少数の無排卵周期)かに特徴付けられる。

この現象はウシやウマで見られる卵胞波に似ている。
これらの動物では、同時期に成長を始めた初期胞状卵胞の
大集団の成長が卵胞期に一致する。これは内分泌系が
卵胞形成を厳密に調節しているのではない事を示す。

この解明への挑戦が近年我々の卵胞発達と月経周期の動態の
理解を変え、そしてなぜ理想周期を用いた自然家族計画と
産児制限の伝統的な方法がそう効果的でないかを説明
するだろう。

特に、この発見により、排卵していないと確信している
時でも性交によって妊娠が起こりうるのかは説明されそうで
ある。無論、他の説明に必ずしもそうでないのに14日目に
排卵が起こると勘違いしている事もある。

出典 wiki
posted by 排卵痛生理痛無し at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛と生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排卵の医学的意味

排卵の始まりは様々な医学上の徴候で検出できる。
それは肉眼では識別できないが、しかしヒトは
隠れた排卵を持つをいわれている。

排卵している女性は3日の間に次第に、平均0.2℃の体温の
上昇を経験する。体温の上昇は月経周期の終わりを
意味する月経の間持続する。さらに排卵時、不快感や
痛みを新たに下腹部に感じる―排卵時下腹部症と呼ばれる
―女性もおり、これは殆どが腹壁が裂けた卵胞から流れ出た
血液と卵胞液に過敏な所為である。最後に子宮頚部の
粘膜の構成が精子に適した様に変化する。その粘膜は透明で、
伸びやすく、粘着性で生卵の白身に似る。

これらの生理学的なサインを越えて、女性の男性の好みが
排卵の時に変わり、適した配偶者を見つけるためにより
原始的に駆り立てているという研究が示されている。
他の研究は女性が排卵中に僅かにその顔の魅力が上がったと
結論付けている。これらの研究の有意性と正確さは医学と
科学の専門家達の間で熱く議論が交わされている。

出典 wiki
タグ:排卵
posted by 排卵痛生理痛無し at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛は妊娠に役立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排卵期の症状

LHによって開始されたシグナル伝達カスケードを通じて、タンパク質分解酵素が卵胞から分泌され、卵巣の表面に出ている卵胞の組織を分解して裂け目を作る。そこから卵子卵丘細胞複合体が卵胞を出て腹腔へ、更に卵管の末端にある卵管采に受け止められる。卵管へ入った後は、卵子卵丘細胞複合体は繊毛のしたがって押されながら子宮への旅を始める。

この時に、卵母細胞は第一減数分裂を終え、二つの細胞―大きな方が全ての細胞質の物質を含む卵娘細胞(二次卵母細胞)、小さな方が不活性な第一極体―に分かれている。第二減数分裂は中期で止まっており、受精までは進行しない。排卵の時に第二減数分裂の紡錘体が出現する。もし受精しなければ卵母細胞は約24時間で退化する。

機能層(functionalis)と呼ばれる子宮の粘膜が最大の大きさに達し、子宮内膜腺を持つが、まだそれは機能していない。

出典 wikipedia
タグ:排卵期
posted by 排卵痛生理痛無し at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排卵痛の原因と症状

排卵痛は排卵の際に起こる痛みが原因です。

ヒトでは、排卵が起きる期間を排卵期といい、28日間の理想月経周期では14日目に起きる。しかしながら、in vivo(生体内)の様々な性質によって通常の排卵は8~20日目以降に起こりうる。特に短い周期を持つ女性は早く排卵し、長い周期を持つ女性は遅く排卵する。

ヒトにおいて、隠された排卵とは雌(女性)が目に見える繁殖できるというサインを出さないという事を意味している。何故こう進化したのかを分析できる単語に進化的ゲーム理論がある。

排卵の前に、卵胞は卵子が生きていく為に一連の変形を行なう。この過程が卵丘膨張である。これの後に卵胞へ裂け目ができ、これを通って卵子が卵胞を出る。卵子は卵管へ入って、子宮へ向かって行き、受精をすれば着床し、さもなくば24時間後に退化する。

排卵期の前には、未成熟の卵胞に包まれた卵子が成長を終える卵胞期があり、その後には子宮が受精卵を受ける準備をする卵胞期がある。この卵胞が成長して排卵へ至る全過程が卵胞形成といわれる。

出典 wikipedia

posted by 排卵痛生理痛無し at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生理痛を緩和する薬

生理痛がひどい場合は、薬を使って緩和するのも
対処方法の一つですね。
体調の悪いときに、生理がくると下腹部の鈍痛だけで
無く、気分がわるくなったりひどい貧血の症状が
でたりしますからね。
生理痛がひどい場合でもピークは1〜2日くらいを
薬で緩和するのは専門医も問題ないといっています。

ですから、市販の生理痛薬を飲んで緩和するのも
おすすめです。
アレルギーが無ければナロンエースバファリンなど
即効性があって生理痛には最適です。

ただし、同じ薬を飲み続けると耐性が出来て
効き目が薄くなりますので、2〜3の薬を
定期的に交換して飲むことで永く使うことができます。

反面生理痛用として販売されている一般薬は
副作用を抑えて、万人向けに作られているため
人によっては生理痛があまり緩和されない場合が
あります。
そのときは、医師に処方箋をもらい専用の薬を
もらうことでも効果的に生理痛を緩和することができます。

ただし鎮痛剤は、腎臓や肝臓に障害があったりすると
体調がわるくなることがありますので、あくまで
生理痛のひどい時の対処方法とすることをおすすめします。
タグ:生理痛
posted by 排卵痛生理痛無し at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理痛を緩和する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
結婚相談所で業界最大級の会員数 オーネット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。