排卵痛・生理痛の症状を緩和

生理痛の一般的な症状

生理痛は程度の差があれ、ほとんどの女性が
体験するものですね。
一般的には生理が始まってから2〜3日くらい
下腹部あたりに鈍い痛みを感じることがほとんど
ですね。
そのほか個人差は頭痛や吐き気などが出る人の結構
います。
生理痛の痛みとめまいで、ひどい人は倒れることも
あるくらいで生理痛といえど程度によっては深刻です。
ただ、生理痛といえどあまりにひどいばあいは、
卵巣に水分がたまる卵巣のう腫という病気の可能性も
あるため、注意が必要です。
ただ、このつらい生理痛ですが緩和できるのは当然で
人によっては生理痛がほとんどなくなるまで
改善できるものですので、生理痛は当たり前の
ものではなく、必ず改善できるものだということを
知っておいてください。
このサイトで紹介している事を参考に是非
生理痛のない暮らしを送りましょう。
タグ:生理痛 症状
posted by 排卵痛生理痛無し at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理痛の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生理痛に効く食べ物

生理痛は基本的に、冷え性などの血行不良や栄養の偏りが
原因になります。
特に手足がいつも冷たい人やダイエットで食事が
偏っていたりする人は生理痛がひどくなりがちです。
排卵痛でも共通しますが、血行不良は卵巣や子宮への
血液量が足りず生理痛が起こります。
そのため、ホルモンバランスが崩れ生理不順に
なったり、ひどい場合は子宮筋腫や子宮がんになったりと
いうことも起こります。
生理痛を我慢せず食事で直してしまいましょう。

1.にんじんやカボチャなどの緑黄色野菜を取る
ほうれん草には鉄分が多く含まれますし、緑黄色野菜は
総じて女性に不足しがちな栄養を補完してくれます。
整理痛には最適です。
ごぼうなどの根菜もあわせて取るとより効果的です。
おすすめはジューサーでドリンクとして朝や晩に
飲むと楽にとれます。

2.豆腐や納豆などの大豆製品を取る
大豆に含まれるイソフラボンは子宮・卵巣の動きを整える
役割があります。また、イソフラボンは女性ホルモンの
バランスを整える役目もあるのでぜひとりましょう。
お肌もきれいになります。

その他にも生理痛を抑えるためには体温を上げることが
重要です。一昔前は塩分を控えろと強く言われていましたが
体温を調整するためには塩分の摂取は絶対に必要です。
塩分をとることで血圧が上がるのをきにするなら
カリウムを多く含む、芋類やりんご・にんじんなどを
取ることでバランスが取れます。
生理痛をなくすためにも前向きな塩分摂取を
しましょう。
posted by 排卵痛生理痛無し at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理痛を緩和する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排卵痛と生理痛の違い

排卵痛と生理痛は似たような時期に症状が
出ることがありますが、全く違うものです。

排卵という現象は、成熟し受精能力を備えた卵で、
卵胞が破裂して卵巣の表面を破ることで、
卵巣外に放出されることを言います。
排卵痛はこの卵巣の表面を破って卵が出てくる
特に発生する痛みであることです。

通常の生理痛はもともと冷え症で血流が悪いことや、
子宮・卵巣に問題があるような場合、もしくは
子宮の収縮が強い場合に起こります。
また、子宮の入り口部分がしっかり閉じていること場合も、
生理痛の原因なります。

排卵痛と生理痛の大きな違いは排卵痛は排卵時の1日にほぼ
限定されて、症状は個人差がありますが1日中痛みを伴う
方もいれば排卵の瞬間だけ差し込むような痛みをとこなう
こともあります。

生理痛の場合は、通常生理が始まる前に痛みのピークが
訪れ徐々に楽になっていく傾向があります。
posted by 排卵痛生理痛無し at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排卵痛と生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
結婚相談所で業界最大級の会員数 オーネット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。